医療レーザー脱毛にデメリットは

針

医療レーザー脱毛はレーザーの機器を用いた強力な脱毛方法であり、原則としてクリニックや美容外科など専門の医療機関でのみ取り扱われている技術です。
針と電気で脱毛するニードル方式より痛みが小さく、継続すれば永久脱毛も期待できる点でメリットを持ちますが、医療レーザー脱毛特有のデメリットが存在している事を理解しておき、賢く契約するのがポイントとなります。


まず、エステで用いられるフラッシュ方式よりは照射出力が大きい事から、施術後に腫れや赤みが起こりやすい特徴を持ち、肌質によっては悪化しないよう注意しなければなりません。
また、太い毛が密集している状況においては、脱毛処理中に激しく痛みが生じる可能性もある為、酷い時は担当者と相談して対策する事が重要です。


日常的な乾燥肌やアレルギー肌に悩まされている場合、医療レーザー脱毛を受けると症状が悪化してしまう例もあり、状況に応じて全身コースではなく部位ごとで他の脱毛手段と併用するといった対策が求められてきます。