医療レーザー脱毛の原理

腕にタトゥーの入った女性

医療レーザー脱毛の原理は、家庭用の脱毛機器とは大きくちがいます。
家庭用脱毛器や、自分で毛抜きをつかってムダ毛を抜く場合には、毛そのものを抜いて除去していくという原理ですが、医療レーザー脱毛の場合は、ムダ毛の毛根部分を破壊して、あたらしくムダ毛をつくらせないようにしていくというしくみです。


医療レーザー脱毛にかぎらず、エステサロンでのレーザー脱毛の場合にも、レーザーは黒いメラニンに反応するようになってします。ただ、出力に違いがあるために、効果にも違いがでてくるのです。
しかし原理は同じなので、注意点も同じく、日焼けしたお肌やタトゥーをほどこしたお肌にはレーザーを当てることができないのです。
レーザーによって熱ダメージが毛根にあたえられると、毛根部分にある毛乳頭に作用しいます。
医療レーザー脱毛の場合は、出力も高いレーザーですから、完全に毛乳頭のはたらきを止めることができるので、永久にむだ毛が生えてこないようにできます。